2023年07月31日

キャロット2023募集予定馬 フィエールマン編

・コロナシオンの22

母8歳時の2番仔。
本馬の父フィエールマンは、長距離GⅠを3つ勝っているステイ
ヤー。ディープインパクトの直仔で種牡馬としてもライバルは
多いのですが、奥手のステイヤータイプというのは違うのかな。

さて、本馬は母父キングカメハメハで母母ブエナビスタという
超良血。母は1勝止まりでしたが、本馬に対する期待感は相当な
ものでしょう。

初仔はボーンシストがあり、価格もお安かったようですが本馬
は何も問題が無ければ、それなりにお高い筈です。

新種牡馬(二年目含む)の産駒にとっての判断材料のひとつは、
高めの価格と良い厩舎。

まだそれほど高額ではない種牡馬で、お高い価格なら母系の評
価が高いということですし、当然に本馬の評価が高い筈です。

そういう意味で、本馬の価格と厩舎には注目しています。


・ピースエンブレムの22

母16歳時の5番仔。
ここの母系で活きが良いのは、ブラックエンブレムのところく
らいでしょうか。とはいえ4頭中2頭が勝ち上がっているので全
然悪くはないですね。

母は高齢期に入ってきましたが、まだ5番仔。あまりマイナス
には考えなくても良いと思います。

ですが、母父ウォーエンブレムというのが難しい。
キャロットのウォーエンブレムで稼いだというのはピースエン
ブレムとエルマンボくらいでしょうか。シルクに比べてあまり
相性が良くないのがどう出るか。

サンデー系の種牡馬とは相性はいいので、牝馬クラシックに乗
ることが叶えばいいですね。










posted by うまっこぷらす at 21:05| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください