2022年08月22日

募集価格は12万5千円也

キャロットで気になる価格帯は12万5千円です。
自分的には高価格帯としての位置づけなのですが、
OPまで出世しなくても何とか馬代は稼いでくれる
し、上手く行けば重賞制覇も現実的に思えてくる
価格帯であります。

自分にとっては、勝負所的な価格帯なのですが、
段々と増えて来ている気がします。

大体、ここら辺の関東馬なら昔は一般抽選でも何
とかなっていたのですが、今はとにかくどの馬で
も抽選が厳しくなりました。

・フィンレイズラッキーチャームの21(父キズナ)
これは何となく人気になりそうな気がします。
人気にならないのなら候補に入れたいところです
が、それはおそらく無いでしょう。

・マリアライトの21(父レイデオロ)
牝馬で5000万円稼ぐのは凄く大変なことなのです
が、マリアライトの仔なら話は別ですね。
測尺に問題がなければ、最低でも最優先を使わな
いと話にならないでしょう。残念。

・ジンジャーパンチの21 (父スワーヴリチャード)
これは判断が難しいのですが、キャロットに来た
意味を考えれば見が正解なのか。
重賞馬を多数輩出しているジンジャーパンチです
から人気でしょうね~。ね?

・ブルーメンブラットの21(父モーリス)
全兄の成績を見ると買えないですが、あえてこの
価格で来たからには相当馬は良いのでしょう。
でも、血には逆らえずに2~3勝で収束する気も。

・アンフィトリテⅡの21(ダイワメジャー)
全盛期のダイワメジャーなら、この価格もありか
もですが、やはりお高いイメージ。
だからこそ、人気がなければ敢えて行くかもね。

・ミリッサの21(ロードカナロア)
募集番号の1番は・・・。

・グリューネワルトの21( ロードカナロア)
牝馬なので価格的には厳しいが、配合的には見所
ありですからね。一般抽選で行けるかどうか。


なお、関西馬のこの価格帯は今年は皆人気でしょう。
posted by うまっこぷらす at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック