2020年12月28日

キャロット出資1歳馬の近況

・ティズトレメンダスの19

NF早来
馬体重:419kg(+13)
坂路調教を開始してからも脚元や馬体に反動は見ら
れず、現在は週2日、坂路でハロン16~18秒の
キャンター調整を行い、それ以外の日は周回コース
でのキャンター2400mのメニューを組んでいま
す。 

上手に体を使って走ることはできており、そのフッ
トワークは実によく、馬格以上に大きく見せている
と褒められています。
馬体はまだまだ小さいが、期待は大きいですよ。


・サミターの19

NF早来
馬体重:459kg(+15)
調教は週2~3日、坂路でハロン15~16秒の
キャンターを中心に乗り進めています。

馬体重さえ増えてくれたら、多分成功するであろう
と思うサミタ―の仔ですから、ここまでは願い通り
です。配合的にはマイルまでかなと予想しているの
で後はスピード能力が高ければ言うこと無しですね。


・ヴィータアレグリアの19

NF早来
馬体重:500kg(+1)
坂路でハロン15~17秒のキャンターを中心に
乗り進める中でもいい意味で前向きに調教に臨む
ことができており、手応えにも余裕があるいい状
況でしたが、今月中旬に飛節に外傷を負ってしま
ったため、現在は軽めの運動で様子を見ています。

取り敢えず、馬体重がほぼ横ばいで収まってくれ
たのは良かったです。それでも膝や繋に負担が掛
かりやすい肢勢にもなってきているとのことなの
で、引き続き心配ではありますけどね。


・アールブリュットの19

NF早来
馬体重:470kg(+9)
調教は週3日、坂路でハロン15~17秒のキャ
ンターを中心に順調に乗り込むことができていま
す。

幾分背腰に疲れやすい面があったり、骨瘤が出た
りしていますが、順調に坂路入りできているのは
いいですね。今は成長段階なので、ここはじっく
りと進めて行き、春に一皮剥けて欲しいですね。


・マルティンスタークの19

NF空港
馬体重:452kg(0)
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン
16~17秒のキャンター2本駆け上がっており、
残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。 

胸前、そして背中から腰にかけて筋肉が付いてき
たことでバランスの良い体へと変わってきました
とのこと。母の仔は皆、いい馬体に恵まれます。
あとは走る能力が備われば、鬼に金棒でしょう。


・ワナダンスの19

NF早来
馬体重:477kg(-9)
現在は坂路で週2日、ハロン15~16秒のキャ
ンター調整を行い、それ以外の日は周回コースで
のキャンター2400mを取り入れています。 

この馬なりの課題はあるものの、ここまでは順調
ですね。この流れを続くて貰いたいところです。
ストライドが大きくゆったりと見せるキャンター
は、長めの条件で良さが活きそうとのことなので、
あまり早期から動く必要はなさそうです。


・シンハディーパの19

NF空港
馬体重:428kg(+3)
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン
17~18秒のキャンター2本駆け上がっており、
残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。 

ここまで順調なのは何よりです。
秋を見据えて、着実に成長して貰えれば満足です。
posted by うまっこぷらす at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック