2020年07月03日

ノルマンディー狙い頃の馬について

・スノークォーツ

併せ馬では、勝負根性のありそうなところを見せてる
ということで良さそうです。
ノルマンディーファーム小野町で調整を進めていくと
いうことなので、順調に行けば秋デビューですね。
重賞で戦える馬かも知れませんが、今の時期にこれだ
けの募集価格+αを支払うことは個人的には難しい状況
です。


・エストラテーガ

良い体つきになってきました。馬体重も申し分ないと
思います。ダートで勝負できる馬ですが、個人的には
近親が地方馬ばかりで大物がいないのと、厩舎がイマ
イチっぽいところが気になります。

ただ、種牡馬は面白いところですし、価格的にはお手
頃なので、小銭が浮いている状況なら狙い処のある馬
でしょう。


・ガガク

特別募集馬の陰に隠れた感のある馬ですが、お金がな
くてもスクリーンヒーロー産駒が欲しい会員には良い
買い物かもしれませんね。
首を上手く使ったフォームで『オヤッ?』という動き
を披露してくれる、ということなのですが、これが良
い意味であるのなら多分「当たり」なのだと思います。

もしも、悪い意味での『オヤッ?』という動きだった
としたら、それはそれで面白いのですが。

まぁコメントの文脈を読めば、悪かろう筈はないけれ
ど、兄姉が全く微塵も活躍していないのと、そのうち
にまた頓挫してしまう可能性を考慮すれば、ちょっと
躊躇してしまいます。


・ピンキーカフェの18

ノルマンディーファーム小野町で調整を進めているの
で、残口馬の中では進んでいる一頭です。それだけで
も評価は高いと思います。
芝なのかダートなのか釈然としないところだと思うの
ですが、両方共に成績が良ければお買い得と言えそう
です。

しかし、判断に迷う場面が必ずあるので、個人的には
芝かダートか適性はハッキリした馬の方が今は好きで
すね。
posted by うまっこぷらす at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック