2018年10月03日

ノルマンディー2018募集馬について

ようやくノルマンディークラブ1歳募集馬の写真が
HPにて公開されました。今年はキャロットに持ち金
全て+分割までしていますので、1次募集は辞退の
方向で考えてはいるのですが、存外キャロット2歳馬
がここにきて好調なので、少し迷いも出始めている
今日この頃です。

ざっと見た感じ、良さそうに見えるのはレットイット
スノーの17ですね。父馬よりも母父ハーツクライに
似た馬ですよね。キャロットではハーツクライ産駒に
2頭出資をするのですが、ピューリティーの17に少し
似ています。

形的には、ピューリティーの17の方が良いのですが、
一口23,000円の本馬とは5倍弱ほど違う馬が対象
ですからね。

母父ハーツクライに似ていると言っても、本馬はアイ
ルハヴアナザー産駒なので、芝ではスピード不足。
やはりダートでどこまで稼げるかでしょう。

逆にハーツクライに似ているせいで、ダートも走れな
いという可能性もあります。それならオメガフレグランス
の17を選択した方が無難ですね。しかし、6月生まれ
なものですから見栄えはしないのですよねぇ。

幾ら半兄が重賞を獲っても、本馬の馬体が貧弱では
あまり強気にもなれません。

芝での走りを見たいのなら、ハッピーダイアリーの17
が候補になると思います。薄手の馬体に見えても幅
があって貧弱までは見えないイコール良い馬体なの
ですよね。
ただ、ノーザンでの育成ではないので2歳戦から期待
は難しいかも。それだけに惜しい感じ。

ストックの17もいいですよね。
ブラックタイド産駒にしては、良い形の馬なのですよ。
キャロットで募集された同産駒と見比べても劣る感じ
には思いません。良い馬に見えても頓挫が多くて地
方からの再出発行きというコースが主流のクラブです
から、頭の痛いところです。

どのみち、地方からの再出発を今から想定するので
あればダートで潰しが利く馬がお得なのです。
だとすれば、アイルハヴアナザー産駒が一番堅実と
いうことになりそうですが・・・。

これから牝馬も含めて、色々考えたと思います。
posted by うまっこぷらす at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック