2016年07月30日

2歳馬募集 注目馬ピックアップ(第17回)

・ハンドレッドスコアの14

追分Fリリーバレー
現在は周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、
坂路でハロン18秒のキャンター2本を基調に、週2日は
周回コース1200mをハッキング、坂路でハロン17秒の
キャンター1本の調整を行っています。

馬体は良いと思うのです。脚もすらっと長くて芝で期待
したい馬なのですが、今までが順調ではなかっただけに
もう暫くは様子見ですね。


・メガクライトの14

NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週1回
はトレッドミルでの調整、週3回は屋内周回コースでハロ
ン20~22秒のキャンター1800m、週2回は屋内坂路
コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行
っています。

そういえば、今年の募集馬にワークフォース産駒が一頭
もいませんねぇ。これはもう種牡馬的に駄目なのかもしれ
ませんが、残された2歳ワークフォース産駒の活躍を祈る
しかありません。


・デビットオアクレジットの14

本馬は御存知ノルマンディーさんところの第5次募集馬
です。外国産牝馬で価格は11万くらいでしたっけ。
ストームキャットの血がよく受け継がれているのかどうか
分かりませんが、ほんと機敏に動きそうな走りをしていま
す。動画どおりにレース本番も機敏に走ることができれば
相当面白いと思い注目をしています。

どちらかというと、繁殖に上がってからがより面白いかと。
ディープインパクトあたりと配合させて貰えれば、今から
入会して出資に至るのですけどね。

物凄くインパクトのある走り方をする馬なので、こういう馬
は当たれば凄いと思います。ただ、2400mもあの走りが
継続できるとは到底思えません。せいぜい1200m持てば
いいくらいでしょうか。あとは牝馬特有の早熟性が高い様
な気がしますので、果たして元をどれだけ取り戻せるのか。

繰り返しにはなりますが、繁殖としてからが本番みたいな
馬なので。・・・ここのクラブは母馬優先ありましたっけ。


・チャランダの14

本馬は北海道トレーニングセールの出身馬で、動画を拝
見しましたが、気持ち的に前向きな走りをするよい馬だな
~という印象を持ちました。
血統的には特に見るべきものはありません。やはり早期
から1勝して、あとはどこまで稼いでくれるのかということ
なのでしょう。

写真で見るよりも、動画の方が馬体は好感を受けました。
牡馬で27,000円なら自分なら取り敢えず一口行きたいとこ
ろです。ただ残念なことに今はキャロット1歳馬に集中する
べき時であること。他のクラブに入り頭数を増やせるほど
資金に余裕がないこと。嫁に見つかると喧嘩になること等
から難しいところなのですよねぇ。ほんと世の中世知辛い。

ただ、もしキャロットで意中の相手に振られた時には、この
2頭に心変わりするかもしれませんが、きっとその前に売り
切れているでしょうね。
posted by うまっこぷらす at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック