2016年07月18日

1歳募集予定馬【ハーツクライ編】その2

・プロミネントの15

この馬は、母父タイキシャトルなのでハーツクライとは
相性が宜しいようです。ならば出資候補です。
心配なのは、ノーザンダンサーの絡みが無いことと、
本馬の兄姉が全く活躍していないことです。

兄姉については、母父タイキシャトルの血の影響が
関係しているのではないかと捉えることができます。

先ほど、父ハーツクライと母父タイキシャトルとの相性
が良いと書きましたが、ワンアンドオンリーで成功して
いる配合なので、正確にいえば一発の期待が持てそう
ということなのです。

とはいえ、この母系の実績では牧場やクラブ側も安易
に強気な価格設定とは行かないでしょう。弱みのある
安馬でも推せる理由が見つかれば魅力へと変わります。
そこに期待したいところです。

できれば5万円!駄目でも6万円ですね。7万5千円
なら余程のデキの良さだと思い込ませたいところですが。


・リッチダンサーの15

ハーツ産駒で言えば、ジンジャーパンチの15と双璧を
なす人気となりそうです。まぁ母馬の実績を見れば文
句のひとつもありません。

もうそろそろ母馬のピークは越えた感じもしない訳では
ありませんが、きちんと欲しいクロスを備えてくれている
あたりは流石という他ないでしょう。

12万5千円。当然これくらいはするでしょうか。その前に
人気高すぎてX無しでは厳しそうです。こちらもクラシック
向きではない感じなのですが、それでも要る?と問われ
れば、素直に頷くしかない馬です。


・アディクティドの15

ここからは牝馬です。ハーツ産駒は牝馬でも狙い目です。
その中でも本馬は良いと思います。

母は若くて、すでに重賞馬を輩出しました。母系はヨー
ロピアンですが、母父ディクタットは安田記念2着の実績
があり、スピード能力は他のヨーロピアンよりはマシだと
思います。

薄いですが、ノーザンダンサーの血もきちんと持っている
ので、結論としてはハーツクライとの仔は通常買うべきな
のです。

しかし、自分が出資した牝馬のその多くは悲惨な憂き目
に遭っているので難しいのです。馬体はムキムキでは無
い方がいいですよね~。牝らしく綺麗な体つきの馬なら
凄く前向きに検討するかもです。お尻は大きい方が好み
です。あと、価格は6万円ポッキリでお願いします。
posted by うまっこぷらす at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック