2023年12月16日

ノルマンディー2次募集馬について その3

・アラマーチャンの22

父ウインブライト 母5歳時の初仔。
母の兄姉に重賞入着馬が2頭も居ますが、どれも同じ父だという
ことなので相性がとてもよかったのでしょう。
なので、個人的にはあまり評価はできません。

本馬は初仔で血統表も近親配合が目立ちますね。
でも、馬体重は440キロ台と合格水準にはありますし、牝馬にし
ては馬体も立派に見えるところは評価できます。

母父の血が多少弱くても、積極的様子見の一頭です。


・エリーフェアリーの22

父ゴールドアクター 母11歳時の2番仔。
なんとなく、スピード能力に欠ける配合のように思えるのですが
パワーはとてもありそうですね。

父を知り尽くしている厩舎なのは良いですし、牝馬でもこの馬体
なら面白そうですね。母父の未知の魅力も感じます。


・スピリテッドエアーの22

父ノヴェリスト 母13歳時の7番仔。
本馬の兄姉は、これまで4頭が勝ち上がっていますけど地方ばか
りなので信用はできません。

賢そうな顔たちで、馬体も芝に向きそうな良い感じなのですが、
自分は厩舎で撤退です。


・タニノジュレップの22

父キタサンブラック 母17歳時の11番仔。
父の産駒なので、この募集金額は仕方ないと思います。
厩舎は・・・もうちょっと成績上位のところでもよかったのに
と思いましたが、早くから多く使ってくれるところなので不満
は少ないかな、と思います。

母高齢なのですが、馬体的には走りそうですね~。
まだ小さいですが、5月生まれなので気にしなくてもいいかも
知れませんね。


・ハッピーセーラーの22

父ゴールドシップ 母11歳時の4番仔。
父の産駒は、割と牝馬の活躍馬が多いのは心強いところです。
ただ、サンデーのクロス馬は気性がとても心配です。

馬体は胴が詰まっているように見えるのですが、う~ん・・・
好みではないですね。歩様が見てみたいところです。

厩舎も微妙なのですが、1次でゴールドシップ産駒に外れた
身としては、やはり気になる一頭です。


・レアドロップの22

父ゴールドシップ 母9歳時の3番仔。
もうちょっと綺麗な芦毛なら良かったのですが、馬体は本馬の
方が好きですね。

ただ、本馬も馬体重が多くないので今後の成長は見守りたいと
ころです。厩舎はいいところですね。
posted by うまっこぷらす at 07:38| 福岡 ☔| Comment(0) | ノルマンディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月15日

期待十分のバロネッサ

16日の中山4R(2歳未勝利・牝馬限定・芝1800m)に
マーカンド騎手で出走します。

枠は1枠2番。少し内過ぎましたね。馬に囲まれると怖がりな
気性が心配にはなります。上手く先行して外に出せるといい
ですね。

スタートで失敗すると、中山コースなので何もできない可能性
はありますが、そこは2戦目のマーカンド騎手に期待したいと
ころです。

あとはレースの最中に脱糞さえしなければ、いい勝負になると
思っています。できれば勝って頂きたいところですね~。

こうして中3週でレースに使える自体、思いの外成長してきて
いる証拠ですし、デビュー戦もセンスある走りでした。
何とか牝馬クラシック路線に乗って貰えれば、お高い出資をし
た甲斐があるというものです。大いに期待しています。

posted by うまっこぷらす at 21:19| 福岡 ☁| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月10日

ノルマンディー2次募集馬について その2

・ティアランドールの22

父ゴールドドリーム。母15歳時の9番仔。
母系はダート向きかなとは思うものの、本馬の兄姉の成績が振
るわないので、母父の影響がかなり弱いのかなと思います。
とはいえ、ダートで期待のゴールドドリームなので変わり身が
楽しみです。

馬体がダートに合いそうなら、兄姉の成績は度返しをしても良
いかな~と考えているところですが、1勝クラスでこつこつ稼
いでくれてありがとう、と思える募集価格でお願いしたいとこ
ろですね。


・バーミスキャットの22

父ロジャーバローズ。母20歳時の13番仔。
ディープ系種牡馬に母父Storm Catというのが、本馬の売りの
1つでしょうね。

母は、かなりの高齢出産なので体質がどうなのか。
ここまで来れば、あまり大物は期待できそうにはありません。
ロジャーバローズの能力に期待したいところですが、今のとこ
ろは微妙という感じでしょうか。


・マダムアグライアの22

父フィエールマン。母11歳時の5番仔。
新種牡馬フィエールマンの能力が高いのか、そうではないのか。
産駒は来年デビューなので何も分からないところが難しいので
すが、基本ディープ系の新種牡馬は過度な期待はしないでいい
と思っています。

これがキンカメ系なら話は違ってくるのですが、本馬の母父が
芝では少し不安そうですし、配合的にも中途半端感が否めない
のかなぁ。


・マダムストーリーの22

父レイデオロ。母8歳時の2番仔。
母系はダートなので分かり易いですね。レイデオロは芝でも行
ける種牡馬ですが、ダートでも大物を出す可能性が高いと思い
ます。

母父に入ってストリートセンスの万能性が増してきた感じは有
るのですが、本馬の場合はやはりダートが主戦のような気がし
ます。

もしかすると、地方の方が合いそうかも知れませんが、お安け
れば一口行きたいところです。


・ラタンドレスの22

父ダノンバラード。母9歳時の初仔。
ダノンバラードの能力の高さは間違いがないのですが、これま
であまり良い産駒は募集されていない様な気がします。

とにかく、馬格があって丈夫そうな産駒であれば狙いに行きた
いところです。母父エンパイアメーカーということなので、ダ
ートかなと思いますが、母系がしっかりとしているので間違い
なく人気しますよね。

しかも母馬優先馬なので、おそらく取れないなぁ。


・ルトルヴェールの22

父ミッキーロケット。母10歳時の4番仔。
現時点の評価が難しいタイプなのですが、お安い価格なら狙いは
立ちそうな気がします。

母系がサクラ系なので、自分みたいなおっさんには少し刺さる
血統なのと、母父ステイゴールドは確かに打率は低いのですが
一発の可能性と、父がキンカメ系の種牡馬なら最悪ダートでも
走ってくれそうかも、という感じでしょうか。

まぁ、進んで取りに行く必要性は感じませんが、ノルマンディー
らしい募集馬だな~とは思います。



posted by うまっこぷらす at 06:22| 福岡 ☀| Comment(0) | ノルマンディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする