2022年12月29日

今年の成績を振り返って

【2022年のうまっこ厩舎成績】

着数成績 15-5-12-13-6-91 全142戦

勝率 0.106

掲示板率 0.359

8着入着率 0.613

獲得賞金 3億3735万

最多勝利馬 パウオレ、 パラレルヴィジョン 3勝
                 
最多獲得賞金馬 パウオレ 3858万円

最多出走馬 バルミュゼット、アルトシュタット、キトゥンズマーチ 8走

(キャロットクラブ)
着数成績 5-1-4-4-3-32 全49戦 獲得賞金 1億2893万

(ノルマンディークラブ)
着数成績 10-4-8-9-3-59 全93戦 獲得賞金 2億0842万


今年も芝重賞制覇はなりませんでした。
オーソクレースが脚部不安で早々に引退してしまったことで
歯車が狂いました。

バンクオブクラウズも故障中、ストライクイーグルは高齢化
により引退ということで大将格が不在のまま、よくここまで
成績を維持してくれたと思います。

来年は、パラレルヴィジョンとプロトポロスが芝路線の中心
となって活躍してくれると思います。

今年は数の上でも賞金においてもノルマンディー馬がキャロ
ット馬を上回りました。ダート路線でエルズリーとバルミュ
ゼットそしてパウオレの活躍が光りました。

エルズリーは引退しましたが、残りの3歳馬2頭は大きな舞
台での活躍を期待しています。

心配なのは、数多いノルマンディーの2歳馬たち。
アンビバレントは何とか勝ち上がりましたが、今のところは
大いに苦戦しています。あと何頭勝ち上がれるのか心配です。

また、キャロットの1歳馬は何とか2頭に出資できましたが、
1頭は成長不良で募集中止となりました。年々出資をするこ
とが難しくなってきている状況で、出資できても活躍しない
という自分の選眼が凋落の一途を辿っている状況です。

良い馬を引けないと、この趣味は長くは続きません。
加齢と共に、選運が尽きてきたのかもしれませんね。

その前に、何とか芝重賞制覇の夢を叶えて欲しいところです。
posted by うまっこぷらす at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする