2016年09月22日

『二次まで残れ!』バイオレントハートの15

バイオレントハートの15
父バゴ
母出産年齢11歳の7番仔
4月15日生まれ 牡馬
募集価格5.0万円
関西 佐々木厩舎
上水牧場

今日のお昼からから1.5次募集が開始されました。
最優先馬に当選した自分には関係ありませんが、
これで多くの募集馬が満口になることでしょう。

今日はバイオレントハートの15についてです。
パンフで見るには、もの凄くいい馬体の持ち主です。
しかし、動画ではたしかに動きが小さいですねぇ。

全姉は南関東で1勝止まりで、その他の兄姉も同じ
ような成績です。ただ一頭、ヨハネスブルグを父に
持つ半姉のみ4勝を挙げています。

おそらくこれは、ヨハネスブルグという種牡馬の優秀
性のみを現わすものであって、本馬の母系は基本
弱いように思います。

しかも父バゴと母父ダンスインザダークの組み合わ
せの馬の成績は、ほぼ壊滅的なようですね。

佐々木厩舎は最近は成績があまり芳しくありません。
乗せている騎手も一流処とは言い難いところが多い
ようにも思いますが、佐々木厩舎とキャロットクラブ
との相性は悪くありません。

関西馬でこのお値段でこの厩舎なら、本来は一次
で満口になるところですが、馬自体が掴みどころが
ないというか、夢が膨らまないところが物悲しいとこ
ろです。

馬体的に、長距離をこなせそうには思えませんが
気性は素直みたいな情報もあるので、中距離までは
カバーできそうかもです。でもきっとダートかなぁ。
どちらにしても中途半端な配合だと思うのですが、
芝で主役を務めるには些か役不足感みたいなオー
ラが動画では見えてしまうところが物悲しいのです。

それでも、地道に走っていけば何とか馬代金くらいは
稼いでくれるかもしれません。
そこはノーザンファームが、1400万(だったかな)で
競り落とした馬なのですから、少なくても自分の戯言
よりは信用できる筈ですね。

最初は無名の存在でも、名脇役となって活躍してくれ
る馬に育ってくれたら、それこそ出資者の皆さんは
『先見の明』だと誇っていいでしょう。
なんだかんだ言っといてあれなのですが、自分も一員
に加わることになることがあれば、そん時は宜しくお願
い致します。
posted by うまっこぷらす at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする